• Home
  • ■劇場版 Gのレコンギスタ V 死線を越えて

■劇場版 Gのレコンギスタ V 死線を越えて 上映中

ストーリー / 解説

「機動戦士ガンダム」の富野由悠季監督が手がけ、2014~15年に放送されたテレビアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」を再編集した劇場版5部作の完結編。テレビアニメ全26話を、新規カットなども大幅に加えて再構築した。かつて存在した高度な科学技術や知識の多くが失われた遥かな未来、リギルド・センチュリーと呼ばれる世界を舞台に、ひとりの少年ベルリ・ゼナムが、世界の真実や自身の生い立ちに隠された秘密に向き合っていく姿を描く。ベルリたちを乗せたメガファウナは、ジット団を追ってビーナス・グロゥブを出発するが、すでに地球圏の戦況は一変。にらみ合いを続けていたキャピタル・アーミィとアメリア軍、ドレット艦隊は、激しく衝突を繰り返していた。キャピタル・アーミィとジット団は共闘し、メガファウナがもたらした新戦力で増強されたアメリア軍はドレット艦隊と手を結び、戦闘は激化していく。そして最終決戦の場は大気圏内へと移っていき、戦争の生む悲劇や憎しみを取り除きたいと願うベルリが駆るG-セルフも、再び大地に立つ。

  • 監督
  • 富野由悠季
  • キャスト
  • (声の出演)石井マーク、嶋村侑、寿美菜子、佐藤拓也、逢坂良太
  • レイティング
  • 指定なし
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)創通・サンライズ
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP