• Home
  • ■「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択

■「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択 上映中

ストーリー / 解説

世紀を越え、希望の光を灯し続けた伝説の艦(フネ)―その全記録
本作は長大な『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』の中でも、特別な作品となった。便宜上「総集編(特別編集版)」と呼ばれてはいるが、単なるダイジェストとはしていない。メインタイトルが象徴するように「ドキュメンタリー映画」に近い手触りを志向している。

中心を『ヤマト2202』全七章に起きつつ、随所に新作映像を加え、「ヤマトの歴史」をひとつの視点で真摯に問い直すその姿勢が斬新だ。そのときどきに起きた事象、関わった当事者たちの心情に、距離をおいて新しい光を当てることで、観客は「意味の再発見」をするだろう。時間軸は、宇宙開拓時代の原点から始まる。『ヤマト2199』の前史、イスカンダルへの旅を交えつつ、「人が宇宙に出た意義」を引いた視点で再吟味した点にも、風格がある。

見終えた後は、西暦2202年までの「宇宙戦艦ヤマト史」の凄絶さに呆然としつつ、あらためて「描かれてきたものの本質」に心を打たれるに違いない。これはさらなる新しいステップへ進むために必要な「宇宙叙事詩」としての総括なのである。

  • 監督
  • キャスト
  • レイティング
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト 2202 製作委員会
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP