• Home
  • スパイの妻

スパイの妻 上映中

ストーリー / 解説

太平洋戦争前夜。愛と正義に賭けたふたりが たどり着くのは、幸福か、陰謀か―

一九四〇年。少しずつ、戦争の足音が日本に近づいてきた頃。
聡子は貿易会社を営む福原優作とともに、神戸で瀟洒な洋館で暮らしていた。
身の回りの世話をするのは駒子と執事の金村。
愛する夫とともに生きる、何不自由ない満ち足りた生活。
ある日、優作は物資を求めて満州へ渡航する。
満州では野崎医師から依頼された薬品も入手する予定だった。
そのために赴いた先で偶然、衝撃的な国家機密を目にしてしまった優作と福原物産で働く優作の甥・竹下文雄。
二人は現地で得た証拠と共にその事実を世界に知らしめる準備を秘密裏に進めていた。
一方で、何も知らない聡子は、幼馴染でもある神戸憲兵分隊本部の分隊長・津森泰治に呼び出される。
「優作さんが満州から連れ帰ってきた草壁弘子という女性が先日亡くなりました。ご存知ですか?」

今まで通りの穏やかで幸福な生活が崩れていく不安。
存在すら知らない女をめぐって渦巻く嫉妬。
優作が隠していることとは―?
聡子はある決意を胸に、行動に出る…

日本を代表する映画監督であり、世界中にファンを黒沢清が、初めて描き出した歴史の闇。
脚本を手掛けたのは、黒沢自身と濱口竜介(『寝ても覚めても』)、野原位(『ハッピーアワー』)。3人の才能が統合し産まれる化学反応に目を見張る。
また、多岐にわたり活動している音楽家・長岡亮介が、映画音楽を初めて手掛け、映画世界の奥行きをさらに広げている。
主演は数々の受賞歴を誇る、実力派女優・蒼井優。『ロマンスドール』に続いて蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。
夫婦を取り巻く役者も日本映画界を代表する俳優たちが集結している。
理不尽な歴史の前に、ささやかな幸せが揺らいでいく…混乱を経た今の日本が刮目して観るべき傑作が誕生した。

  • 監督
  • 黒沢清
  • キャスト
  • 蒼井優、高橋一生、東出昌大、坂東龍汰、恒松祐里、笹野高史
  • レイティング
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2020 NHK,NEP,Incline,C&I
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP