• Home
  • 【吹替】プラド美術館 驚異のコレクション

【吹替】プラド美術館 驚異のコレクション 上映中

ストーリー / 解説

時を越えて輝き続ける 世界屈指の美の殿堂へようこそ

スペインの首都、マドリード。スペイン黄金世紀を後世に伝えるプラド美術館が、2019年11月19日に開館200周年を迎えた。
15世紀から19世紀にかけて歴代のスペイン王室が「知識ではなく心で」ひとつひとつ買い集めた美術品は約8700点。膨大な家宝の一部を公開する美の宝庫は、毎年約300万人もの美術愛好家が訪れるヨーロッパ屈指の美術館としてその名を轟かせている。
そのプラド美術館に、今回カメラが初密着した。コレクションの中でも注目は、フェリペ4世の寵愛を受け王宮配室長に登り詰めたディエゴ・ベラスケスや、カルロス4世に重用されつつも時代に翻弄されたフランシスコ・デ・ゴヤ、日本でも人気の高いエル・グレコの傑作群だ。カメラは作品に限界まで接写し、天才たちの筆遣いを克明に映し出す。
また、奇妙な謎が散りばめられたボスの『快楽の園』、当時は男性中心だった美術界に名乗りを上げた女性芸術家クララ・ピーターズの静物画など、王室の斬新な審美眼と見聞の広さをミゲル・ファロミール館長やベテラン学芸員が解説する。普段は関係者以外立ち入り禁止エリアにカメラは潜入。収蔵品を保存、修復、研究するスタッフの作業風景や、200周年プロジェクトに参加する建築家ノーマン・フォスター卿の声を通して、プラド美術館の新たな魅力を伝える。
レコンキスタを果たしたイサベル女王が初めての1点を購入した時から、1868年に女王イサベル2世の治世が終わるまで、王室パトネージュは脈々と受け継がれた。圧倒的な経済力を背景に美への情熱を燃やし続けたスペイン王国は、なぜ宮廷画家に意味ありげな肖像画を描かせ、ヨーロッパ全土から絵画を買い付けていたのか。
膨大なコレクションを案内し謎に迫るのは、名優ジェレミー・アイアンズだ。『運命の逆転』(90)でアカデミー賞主演男優賞に輝き、歴史物からファンタジー、サスペンスと幅広い作品で活躍する彼が、唯一無二の美の楽園へと誘う。監督は本作で監督デビューを果たしたヴァレリア・パリシ。プラド美術館全面協力のもと、栄光の時が刻まれた美術ドキュメンタリーが今、開幕!

  • 監督
  • バレリア・パリシ
  • キャスト
  • ジェレミー・アイアンズ (日本語吹き替え)今井翼
  • レイティング
  • 指定なし
  • 制作国
  • イタリア・スペイン合作
  • 備考
  • (C)2019 - 3D Produzioni and Nexo Digital - All rights reserved
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP