• Home
  • 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 上映中

ストーリー / 解説

稀代のスーパースター三島由紀夫と、反逆のエリート東大全共闘のスリリングな直接対決 伝説の討論会の全貌を明かす 衝撃のドキュメンタリー!!

時は1969年5月13日。東大駒場キャンパスの900番教室に、1000人を超える学生たちが集まり、三島を今か今かと待ち受けていた。
旧体制変革のためには暴力も辞さない東大全共闘のメンバーが、この討論会の首謀者だ。世界各国が政治の季節に突入していたこの頃、日本でも自分たちの手で国を変えようとする学生運動が激化していた。
この年の1月には、安田講堂を占拠していた東大全共闘に対して機動隊が出動、ガレキと火炎瓶で迎え撃った学生たちが、機動隊の催涙弾と放水攻撃の前に敗北するという事件が起きていた。
今の日本では想像もつかないほど、センセーショナルな嵐が吹き荒れていた時代なのだ。
そんな危険極まりない若者たちが、「三島を論破して立ち往生させ、舞台の上で切腹させる」と盛り上がり、異様なテンションが充満している敵地に、三島は警察が申し出た警護も断り、その身ひとつで乗り込んでいった。
この頃の三島はノーベル文学賞の候補にもあがった世界的な文豪であると同時に、俳優、映画監督、舞台演出家としても活躍し、その一挙手一投足が常にメディアを賑わせる、まさにカルチャー界のスーパースター的存在だった。一方で、肉体を鍛え上げ《楯の会》を率いる天皇主義者としても知られていた。
どこを切っても正反対、ベクトルは真逆の三島と東大全共闘。果たして、言葉の銃で撃ち合い、論理の剣で斬り合うスリリングな討論アクションによる死闘の行方はー?

  • 監督
  • 豊島圭介
  • キャスト
  • 三島由紀夫、芥正彦、木村修、瀬戸内寂聴
  • レイティング
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP