• Home
  • 月イチ歌舞伎 ふるあめりかに袖はぬらさじ

月イチ歌舞伎 ふるあめりかに袖はぬらさじ 上映中

ストーリー / 解説

時は幕末、開港まもない横浜の遊郭「岩亀楼(がんきろう)」で、ひとりの遊女が自ら命を絶ちます。おりから吹き荒れる尊王攘夷の嵐の中、「攘夷女郎」の伝説にいやおうなしに一役買っていくお園 ...。

有吉佐和子の手になる本作は、昭和47年名古屋中日劇場の文学座公演で、杉村春子のお園ほかの配役で初演されました。昭和63年には杉村春子の当たり役であったお園役を坂東玉三郎が受け継ぎ、以後、繰り返し上演されて来た名作舞台です。

そして、平成19年12月歌舞伎座公演では、ついに歌舞伎として初上演され、坂東玉三郎渾身の演技(九度目の芸者・お園)、豪華キャスト競演で大評判となりました。

  • 監督
  • キャスト
  • 坂東玉三郎、中村獅童、中村七之助、中村福助、河原崎権十郎
  • レイティング
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP