• Home
  • 【字幕】アジア三面鏡2018 Journey

【字幕】アジア三面鏡2018 Journey 上映中

ストーリー / 解説

国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭の共同プロジェクトで、日本を含むアジアの気鋭監督3人が、ひとつのテーマをもとにオムニバス映画を共同製作する「アジア三面鏡」。シリーズ第2弾となる本作は「旅」を共通テーマにそれぞれがメガホンを取った。まったく性格の異なる母娘を描いたデグナー監督作「海」(中国)、長谷川博己がミャンマー・ヤンゴン市内の鉄道整備事業に携わる日本人の商社マンを演じる松永大司監督作「碧朱(へきしゅ)」(日本)、旅先の東京で出会った謎の男から奇妙で官能的なアドバイスを受けるマンネリ化したインドネシア人夫婦を描いたエドウィン監督作「第三の変数」(インドネシア)の3作品から構成。

  • 監督
  • デグナー、松永大司、エドウィン
  • キャスト
  • チェン・ジン、ゴン・チェ、長谷川博己、ナンダーミャットアン、アグニ・プラティスタ
  • レイティング
  • PG12
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2018 The Japan Foundation, All Rights Reserved
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP