• Home
  • 【アトモス/字幕】ボヘミアン・ラプソディ

【アトモス/字幕】ボヘミアン・ラプソディ 上映中

ストーリー / 解説

伝説のバンド《クイーン》 彼らの音楽を唯一超える 《彼》の物語-

レディー・ガガが「史上最高の天才エンターテイナー」、ケイティ・ペリーが「今も最も影響を受けている」と称賛、それが伝説のバンド《クイーン》のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーだ。
彼の名前や顔を知らなくても、「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「ボヘミアン・ラプソディ」などのワンフレーズを耳にすれば、誰もがたちまち心浮き立ち、思わず歌いださずにいられない。
どうやってフレディは、世間の常識かや既成概念に逆らい、従来の音楽を打ち破り、地上で最も愛されるエンターテイナーとなったのか?
なぜ、愛と孤独、プレッシャーに引き裂かれたのか?そして崩壊寸前に陥ったバンドを立て直し、永遠のレガシーを確立したのか?

魂が乗り移ったかのようにフレディを演じたのは、『Mr.ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞受賞俳優のラミ・マレック。
監督は『X-MEN』シリーズ、『ユージュアル・サスペクツ』のブライアン・シンガー。
クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を務め、甦った32もの不朽の名曲には主にフレディ自身の歌声が使われ、その唯一無二のヴォイスは心臓に鳥肌が立つほどの感動を呼び起こす。

11月、悩める者、弱き者に捧げる、ミュージック・エンターテインメント開幕!

  • 監督
  • ブライアン・シンガー
  • キャスト
  • ラミ・マレック、ジョセフ・マッゼロ、ベン・ハーディ、グウィリム・リー、ルーシー・ボーイントン
  • レイティング
  • 指定なし
  • 制作国
  • アメリカ
  • 備考
  • (C)2018 Twentieth Century Fox
  • インターネットチケット購入
PAGE TOP